鹿裏ブログ

『鹿』島のゴール『裏』を生息地とする鹿島サポのshinoの日々思ったことを書き連ねていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アジアを舐めるな

今、北京遠征のことを書いてますが、その前に一言!

 『アジアを舐めるな』 

 北京に負け3勝1敗で並んでしまったが得失点の差が北京と10違うことから油断している人があまりにも多すぎる。残り2試合はほぼ100%負けることはないと思うけど得失点差+10はヨーロッパのチャンピオンズリーグではかなりのアドバンテージだけど今戦っている舞台はアジア。信じられないことが起こりえるところ。他チームのことながら2004年のマリノスのACL敗退がかなり頭の中に残っている。詳細な経過は忘れてしまったのでちょっと調べてみた。(詳しい結果が載っていないのでいろいろな記事から発掘)

まずは、4試合を終えた時点。得失点差は違うものの今の鹿島と北京の状況ににている。

横浜F・マリノス 3勝 0分 1負 +7
城南一和(韓国)3勝 0分 1負 +3

※横浜対城南の2試合は、(1-0、2-1)のために、トータルで2-2の引き分け。アウェーゴール2倍方式の計算は無く総得失点差が順位決定方式になります。

そして予選グループの5戦目6対0とビンディンを破ったマリノスが決勝トーナメント出場に大きく前進したと思われたが・・・城南一和vsペルシクケディリは15対0。

城南一和(韓国)4勝 0分 1負 +18
横浜F・マリノス 4勝 0分 1負 +13


4試合終えた時点で城南と4点差をつけさらに5節で6点上積みしたものの逆に5点のビハインドを負い

第6節
マリノス 4-1 ペルシクケディリ
ビンディン 1-3 城南一和

城南一和(韓国)5勝 0分 1負 +20
横浜F・マリノス 5勝 0分 1負 +16


得失点差でひっくり返され敗退。

近い記憶だとガンバはダナン?に15-0っていうのもあったと思う。このように相手のやる気しだいでありえない点差がつくこともある。今の10点差は必ずしもセーフティーリードとは言えない。取れるときに取らないと取り返しのつかないことになる。
スポンサーサイト
  1. 2008/04/24(木) 23:02:36|
  2. ACL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<予想はしてたが・・・ | ホーム | 北京遠征 ~1日目~>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shinoant.blog16.fc2.com/tb.php/1422-c2b207d0

shino

04 | 2018/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。